外国人との婚姻について(日本の方式による場合)

更新日:2022年02月18日

日本方式で外国人と婚姻する場合は以下のものをご用意いただき、窓口までお越しください。

外国方式の場合は国によって異なりますので、各在外公館などにご相談ください。

日本人・外国人共通

  • 婚姻届(成人の証人2人が署名、押印しているもの。未成年の婚姻は別途父母の同意を示す書類が必要です。)
  • 届出人の印鑑(朱肉を使用するものをお願いします。) シャチハタ不可
  • 届出人の本人確認ができる証明書(マイナンバーカード、運転免許証、在留カードなどの身分証明書です。詳細は以下のリンクの本人確認書類一覧をご覧ください。)

外国人

  • 出生証明書とその日本語訳
  • 国籍証明書とその日本語訳
  • 婚姻要件具備証明書とその日本語訳(外国人の本国の在外公館など権限を持つ機関の発行する証明書です。交付申請の方法などは国によって異なりますので、各在外公館にご相談ください。発行する制度のない国もあります。その場合は市民課までお問い合わせください。)

日本人

  • 戸籍謄本(本籍地でない場所で婚姻届を提出する場合のみ必要です。)

備考

国によって必要な書類が異なります。確認に時間がかかることもありますので、前もって市民課へご相談ください。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 市民課

〒886-8501
宮崎県小林市細野300番地 小林市役所 本館1階

電話番号:0984-23-1112
ファックス:0984-24-5063
お問い合わせはこちら

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。
このページは見やすかったですか (必須項目)
このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)
このページについての要望