特定不妊治療費助成

更新日:2022年04月06日

小林市では、体外受精、顕微鏡授精による特定不妊治療を受けた夫婦に対して、治療費の助成を行います。これは、経済的負担を軽減することで、安心して子どもを産み育てることができる環境づくりを推進することを目的として実施するものです。

対象者

次の1.から4.のいずれにも該当する人

  1. 夫または妻のいずれかまたは両方が、申請日において、小林市の住民基本台帳に記録されていて、その期間が1年以上である人
  2. 申請日において、宮崎県特定不妊治療費助成金の給付決定を受けた人
  3. 他市町村から助成を受けていない人
  4. 納期の到来している市税(国民健康保険を含む)を完納している人

助成額

自己負担額から宮崎県不妊に悩む方への特定治療費助成金の額を差し引いた額。ただし、夫婦1組に対し、治療1回につき上限額5万円
(助成上限額は治療方法によって異なります。)

申請に必要なもの

  1. 小林市特定不妊治療費助成金給付申請書
  2. 宮崎県特定不妊治療費助成金給付決定通知書の写し
  3. 宮崎県特定不妊治療費助成金給付申請書に添付書類として提出した医療機関発行の特定治療支援事業受診等証明書写しおよび領収書の写し
  4. 同意書
    • 夫婦の住民登録状況および夫婦(同一世帯を含む)の市税(国民健康保険を含む)納付状況の閲覧への同意
    • 他市町村への助成金に係る情報の照会、提供および医療機関への治療内容等照会への同意
  5. 印鑑(認印可)
  6. 通帳など振込口座が分かるもの

申請方法

必要書類をそろえて、小林市健康推進課で直接申請してください(郵送不可)

宮崎県特定不妊治療費助成金給付決定通知書が届いてから、6か月以内に申請してください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康推進課

〒886-0007
宮崎県小林市真方89番地1  小林市保健センター2階
電話番号:0984-23-0323
ファックス:0984-23-0325
お問い合わせはこちら

このページについて、皆さまのご感想をお聞かせください。
このページは見やすかったですか (必須項目)
このページの情報は役に立ちましたか (必須項目)
このページについての要望