新型コロナウイルスに関する市長メッセージ(令和4年12月28日)

更新日:2022年12月28日

12月28日、新型コロナウイルスに関して宮原市長が市民の皆さんへメッセージを発信しました。

市民の皆さまにおかれましては、日頃から新型コロナウイルス感染防止対策にご協力いただき、心から感謝申し上げます。

宮崎県は、第8波の感染拡大により高齢者の入院患者が急増しており、医療への負担が非常に大きくなっています。これからの年末年始を迎え、人の流れや接触機会のさらなる増加が見込まれる中で、県は、医療非常事態宣言を発令しました。

そこで、年末年始に向けての市民の皆さまへお願いです。

年末年始に向けてのお願い

  • 感染拡大に最大限の警戒をしてください。
  • 高齢者を守る行動をとりましょう。
  • 地域医療を守る行動をとりましょう。
県発表資料

県発表資料

感染拡大に最大限の警戒を!

年末年始は、普段会わない方との接触機会が増加します。

  • マスク・手洗い・換気など、基本的な感染防止対策を徹底してください。特に初詣や初商い等にお出かけの際には、十分に注意してください。
  • 感染リスクの高まるような大人数・長時間の会食は控えてください。
  • 「二十歳を祝う集い」が開催されます。前後の会食には、特に注意をしてください。
  • 帰省等で小林市に来られる方は、無料検査を受けてください。
県発表資料

県発表資料

高齢者を守る行動を!

高齢者の入院患者が急増し、医療がひっ迫しつつあります。

オミクロン株は、重症化しにくいと言われますが、80代以上の約2割が入院されています。

  • 感染に不安のある方は、今は高齢の親族等に会うことをお控えください。
  • 帰省して高齢の親族等に会う場合は、事前の検査で陰性を確認してください。
  • 高齢の親族等と会う時は、「うつさない」ための感染防止対策を徹底してください。

県発表資料

地域医療を守る行動を!

年末年始は、医療機関が原則休診となります。

  • 重症化リスクの低い方は、抗原検査キットを活用し、症状が軽い場合は、陽性者登録センターへの登録と自宅療養を行ってください。
  • 65歳以上の方や基礎疾患がある方、お子さんや妊娠中の方等、重症化リスクのある方は、年末年始に対応可能な発熱外来を受診してください。
  • 救急医療を守るため、症状が悪化する前に早期に日中の受診をしてください。
  • 万が一の感染に備えて、抗原検査キットや解熱鎮痛剤、食料を準備しておいてください。

県発表資料

これまでも、十分ご注意いただいておりますが、年末年始を前に、今一度、感染予防対策を徹底していただきますようお願いいたします。

関連リンク

県ホームページ