新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金(国)の活用について

更新日:2022年10月18日

地方創生臨時交付金とは

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金(以下「交付金」という。)は、令和2年4月7日に内閣が閣議決定した「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(以下「緊急経済対策」という。)において、「新型コロナウイルスの感染拡大を防止するとともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援し地方創生を図るため、本経済対策の全ての事項についての対応として、地方公共団体が地域の実情に応じてきめ細やかに必要な事業を実施できるよう、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を創設する。」とされたことを踏まえ、国が創設した交付金です。

地方創生臨時交付金の活用実績について

地方創生臨時交付金の活用実績は以下のPDFファイルでご確認いただけます。

令和2年度分

令和2年度地方創生臨時交付金の活用実績と効果検証結果(PDFファイル:364.6KB)

 

令和3年度分

令和3年度地方創生臨時交付金の活用実績と効果検証結果(PDFファイル:258KB)